年賀状 手書き

年賀状の宛名を今も「手書き」で行っている方はどの位いるのでしょうか。印刷されたものが増えた今では、受け取った中に「手書き」のものがあると目が留まってしまいます。

その「手書き」の年賀状の中には本当に美しい字を書かれる方も、もちろんいらっしゃいますが、整った字でかつその人特有の癖があるような字の方もおられます。

こういった印刷ではない部分が「手書き」の年賀状の面白いところだと私は思います。

私も字は得意ではありませんが、プリンターに頼りたいのをこらえて一枚一枚「手書き」で書かせてもらっています。

毎年そうしているはずなのに、いつも迷うのは美しい字で書くか、それとも普段書いているような字で書くか、ということです。

年賀状は普段の手紙と違って年始の挨拶ですから一種の儀礼のようなものに思われます。その場合相手が読みやすい、正しく美しい字を書くべきかとも思うのですが、年賀状でしかやり取りのない方もいるので年賀状に書かれた文字を見て自分と分かってもらえるようなものにするか、とても悩ましいところです。

結局私は毎年自分の本来の字で宛名を書き、メッセージを添えて年賀状を送っております。

実際受け取った方たちは、それを見て私からの年賀状だと感じてくれているのか分かりませんが、年に一度のご挨拶を重ねるうちに字面から私を思い浮かべてもらえるようになるなんて、こんなに素晴らしいことはないと思います。

お問い合わせはこちら
宛名書き
表彰状
命名書